safety運輸安全マネジメント

企業理念 「ゆずれない主義・原理・原則」

安全方針

株式会社プリンシプル自動車は、輸送の安全の確保が自動車運送事業者の社会的使命と深く認識し、全社員に輸送の安全の確保が最も重要であると意識の徹底を図り、安全マネジメント体制の維持、継続的な改善に努めるため、次のとおり安全方針を定める。

社長は、輸送の安全の確保が事業経営の根幹であることを深く認識し、社員に対し輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を徹底させます。
また、社内において輸送の安全の確保に主導的な役割を果たします。
輸送安全マネジメントを確実に実施し、全社員が一丸となって業務を遂行することにより、絶えず輸送の安全性の向上に努めます。
輸送の安全に関する情報については、積極的に公表します。
別掲「安全管理規定」のとおりです。
平成30年度内部監査の結果は「平成30年度内部監査実施内容」の通りです。

安全輸送に関する重点施策

私たちは、お客様を「安全」且つ「快適」に輸送することが最大の使命です

安全施策

輸送サービスを提供するあらゆる場面においてお客様の安全を最優先とする
安全に関する法令・社内規定(マニュアル含む)を順守する
重大事故・飲酒運転・無免許運転・無車検運行を撲滅する
輸送の安全に関する費用及び投資を効率的に行う
輸送の安全に関する内部監査を行い、必要な場合是正措置及び予防措置を行う
輸送の安全を確保するための社員教育及び研修・管理・コミュニケーションの強化、当事者意識の醸成に努める
輸送の安全に関する情報の連絡体制を確立し、必要な情報の共有に努める
安全運動として輸送の安全性向上に努めます
(1)春の全国交通安全運動(4月上旬)
(2)夏の事故防止運動(7月下旬)
(3)秋の全国交通安全運動(9月下旬)
(4)年末年始自動車輸送安全総点検(12月上旬~1月上旬)

平成31年度 安全目標

人身事故0件
年間事故件数を17件までとする
【達成のための実施事項】
・駐車場内事故防止(始動時には車両回りを一周し安全確認を必ず行う事)
・歩行者優先意識の確立(横断歩道における歩行者、自転車保護)
・事故多発者に対する、指導強化(インターリスク総研 事故惹起者研修)
・シートベルト装着案内と目視による装着確認の実施
・社内での安全講習(座学及びヒヤリハット・KYトレーニング)
・班別無事故カレンダー掲示
・事故速報掲示による注意喚起
・全国交通安全運動時、山崎小学校生徒の安全誘導実施
・個人別データーを活用した点呼を実施
お客様クレーム
・前年度件数に対し40%減(7件)を目指す。
・運転における無理(無理な割り込み)行為の防止
・看板を背負っての仕事を理解し、他ドライバーの模範となる運転を推進する。

安全に対する取組

関係法令及び社内規定の遵守
関係法令及び社内規定に沿い、四半期毎に教育を実施します。
安全管理の取組状況の点検と対策
安全管理規程に基づき「取組状況の自己チェックリスト」により1年に1回以上チェックを行い、全員で必要に応じて問題の解決に向けた対策を講じます。
輸送の安全に関する教育、研修の計画を作成し、これを的確に実施します。
(1)ドライバーミーティング(2ヶ月に1回開催)
(2)事故惹起者への指導(事故発生時)
(3)適性診断の記録を基に教育
(4)車両火災対応訓練
輸送安全に対する投資計画
平成31年度安全投資計画
1.先進安全機能搭載新型車両導入 4台
2.マイクロ新型車両への代替 2台
3.定期点検以外の点検装備増回
4.乗務員健康診断(春秋の年2回)
5.脳ドック受診
6.健康セミナー受講
7.一般・適齢診断受診
8.乗務員SAS検査
9.安全運転技能実習
10.社内雪上研修
11.中央研修所への派遣(3泊4日)
12.神奈川バス協会北海道雪上研修

その他研修計画
1.応急救護
2.車両火災訓練
3.テロ対策訓練
4.緊急時連絡実地訓練

平成30年度安全投資(実施状況含む)は、別紙1のとおりです。
平成27年~30年度事故統計は別紙2の通りです。
輸送の安全に関する組織体制
輸送の安全に関する組織体制及び危機管理組織図は、別紙のとおりです。
株式会社 プリンシプル自動車
安全担当 安全統括責任者 刑部吉記